【スポンサーリンク】




    
応急手当で一番大切なのは

    
落ち着くこと

    です

    子供が怪我をしたり
    思わぬ事故にあった時に

    周囲の大人は
    なによりも平静を失わない事が大事です

    落ち着いて
    しかも迅速に最適な処置をとる為にも

    可能ならば誰か他の大人を呼んで下さい

    子供を介抱したり
    救急車を呼ぶ電話をしたり
    一人の人間が
    全てをキチンと行うのは難しいからです

    また、ひどい怪我や
    症状が重症のときの応急手当ては
    あくまでも救急車が来るまでの
    一時的な処置ですが

    手を施さなければ
    命にかかわる場合もあるでしょう

    そんなときは
    次の四つの点をチェックして
    それぞれの応急処置を行って下さい

    @意識が無い時は息ができるよう
     首を後へ曲げて気道を確保

    A呼吸が止まっているときは人工呼吸

    B脈が無い時は心臓マッサージを

    C大出血の時は止血を
     出血部分よりも心臓に近い所を
     紐で縛るなどして
     強く圧迫し続ければ止まります

    それぞれ具体的な方法は
    地域の保健センター等で
    研修が行われていると思いますので
    そちらに参加し、万が一の為にも
    一通りマスターしておいた方がいいでしょう



【スポンサーリンク】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。